クリスチャンココは、加圧ショーツとも言われており、
履くと痩せやすい身体になることが出来るということで、
とても話題になっています。

加圧して歪んでしまった骨盤を引き締めて、
元の位置に戻して、太りやすくなった体を痩せやすくしたり、
体のむくみも改善し、体調までも良くしてくれます。

同じように、履くと加圧してくれる加圧タイツというものも
販売されているのですが、どちらがおすすめなのでしょうか?

クリスチャンココ、加圧タイツの両方の
メリットとデメリットから考えてみることにしましょう。

クリスチャンココのメリット・デメリット

クリスチャンココは、普通のショーツ型になっています。

加圧作用があるため、通常のショーツよりは履きにくいですが、
丈も足の付け根までなので、すんなり履くことが出来ます。

加圧具合もちょうど良く、履いていて苦しくてたまらない、
という程ではありません。

8カ所のホックが付いており、これがあることで
骨盤をしっかり引き締めてくれたり、
お腹のお肉をしっかり押さえてくれます。

メリットとして言えることは…。

履き続けていると、骨盤がだんだん元の位置に戻って来て
新陳代謝もアップしますし、脂肪燃焼効果もアップし、
痩せやすい身体になります。

血流やリンパの流れも良くなりますので、
老廃物が蓄積して足などがむくみやすかった方も
あまりむくむことがなくなり、すっきりとします。

嬉しいことに、日中も寝るときもいつでも履くことが出来ます。

デメリットと言えることは…

8カ所のホックをトイレなどに行く度に留めなくてはならない、
ということでしょうか。

急いでいる時は特に大変かもしれませんが、
履き続けているとだんだん慣れてくるようです。

加圧タイツのメリット・デメリット

加圧タイツは、これ一つでお尻、太もも、脚を
いっぺんに加圧してくれます。

履くだけでちょっと細くなる作用があるタイプもありますし、
加圧の強さも選べます。

メリットとして言えることは…

もちろん、履いている時はむくみ知らずで
脱いだ後もすっきりです。

仕事中などは加圧の強めのものを選び、
寝るときは弱めのものにすると良いです。

デメリットと言えることは…

体質によっては履かない方が良い方もおり、
正しく履かないといけません。

糖尿病、心不全、閉塞性動脈硬化症の方、
脚に神経障害や血行障害などがある方は履くのを避けましょう。

履くことでさらに悪化してしまうことがあります。

無理に圧が強いタイプのものを履くと、
体調不良を起こしたり、動脈が閉塞することもあるので、
気を付けなくてはいけません。

クリスチャンココと加圧タイツはどちらが良い?

メリットとデメリットを比べると、
24時間ずっと履くことが出来るクリスチャンココの方が良い、
ということが出来ると思います。

毎日履くことで、効果も早く実感することが出来ます。

履いてみたいなと思った方は、
一度試しに履いてみると良いと思いますよ。